どんな人が必要としているのか

夫婦

不妊に悩んでいる夫婦が年々増加をしています。環境も影響を与えているようですが、実際のところ原因が分からないことが多いです。病気などで卵巣を失ってしまった場合、卵子を取り出すことができなくなってしまいます。そうすると子どもを望んでいたとしても、難しいです。卵子提供を受けて人工授精を行い、子どもを希望する人に移植をする方法もあります。その場合には子宮があることが前提となるので、卵巣のみ疾患がある人に限られてしまいます。

実績のあるクリニックを選ぶ

卵子提供を受ける場合、実績のあるクリニックを探したほうがよいでしょう。経験がないとどういう点に注意が必要なのかも分からない、ということがあります。実績のチェックは安心して治療を受けるためには必要なことです。

提供者のリスク

簡単に卵子提供を受けると言っても、提供をする人がいなければいけません。卵子提供を行う場合には、ホルモンバランスを整えたり、採卵のために何度も検査を受けたりするなど、心身ともにストレスが加わってしまいます。また検査の中には痛みを伴うものもあるので、心の準備も必要になります。健康な体でなければいけない、ということもありますし、場合によっては生活習慣を見直さなければいけない、ということもあるので苦労をすることも多いです。